ニュース

新型コロナウイルスについて対策とお願い

[2020/03/26]

訪問看護ステーションひばりをいつもご利用いただきありがとうございます。

ひばりではこれまでもスタッフの健康管理、清潔保持に努めておりますが、この度の新型コロナウイルスの流行をうけ以下のとおり更なる徹底を行っていく所存です。

それに伴い、ご利用者様・ご家族様にも訪問看護をご利用いただくにあたり、いくつかお願いがございます。

何卒ご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

【事業所での対応】

■ スタッフは体温を測定し、発熱が認められる(37.5℃以上)場合には、出勤を行わず自宅待機とします。

■訪問時には常時マスクを着用し、手洗い、手指消毒を徹底し、場合によってはガウンを着用します。

■感染拡大や、学校の休校等により、出勤困難なスタッフが増えた場合、状態が安定されている方の訪問回数

 を減らす・時間を短縮するなどのご相談をさせていただきます。また、担当スタッフ以外の者が代わりに訪

 問する場合もございます。

■ご利用者様が新型コロナウイルス感染症を疑われる場合は、主治医と相談し対応させていただきます。他の

 ご利用者様へのウイルス感染を予防するため、症状によっては訪問看護を中止させていただくか、訪問の日

 程を調整させていただくことがあります。

 

 

【ご利用者様へのお願い】

■訪問時にご利用者様・ご家族様が発熱等の症状がないか、確認をさせていただくことがあります。また、症

 状(37.5℃以上の発熱・喉の痛み・咳・痰・胸部不快感など)がある場合には事前にステーションまでご連

 絡いただけると幸いです。

■ご家族様に発熱等の症状がある場合は、スタッフが訪問しご利用者様のケアを実施している間は別室にて待

 機をお願い致します。

「家庭内で注意していただきたいこと~8つのこと~(厚生労働省)」をご覧いただき、感染対策を強化して

 いただくようお願い申し上げます。